Home » Shinのすごさ

Shinのすごさ

Image 仕事柄、様々な会社にお伺いする。メーカーにお伺いすると、多くの会社では満足な原価計算システムがない。その結果、根拠のある利益計画は策定できない。また、計画と実績の差はわかっても原因分析は出来ない。そうなると、単なる業績予想のあたりはずれだ。これでは経営管理とはとても言えない。

岡本会計士のアイデアをもとに開発されたShinは、新しい発想の原価・利益管理システムだ。その強みは、4つに集約できる。
公認会計士 弓場 法

1.シンプル

簡単に全貌が把握できる

Shinを利用する際、ユーザーがはじめに見る画面は原価の流れに沿った勘定連絡図だ。これを見れば、どの工程でどれだけコストが発生し、在庫はどれだけ残っているのか全貌が把握できる。

財務会計と管理会計の利益額の一致

Shinでは、シンプルに財務会計と管理会計の利益は一致するように作られている。当たり前だが、管理会計の利益は財務会計と一致しなければ意味がない。あるいは少なくとも、差異の理由が明確に説明できる必要がある。しかし、管理会計システムの利益と財務会計システムの利益が不一致で、しかも明確に差異理由が説明できないという会社が少なからずある。管理会計上は利益が出ているが、財務会計上は赤字などという説明を平気でする会社がある。こうなると、何のために何を管理しているのかわからない。

2.低負担

短期間で導入可能

Image Shinは、基幹システムに手を加える訳ではなく、既存の情報資源を、有効活用するシステムと言ってよい。外付けのシステムであるため、短期間で導入可能である。

低コストで導入できる

Shinは導入コストが低い。原価計算や利益管理のシステム導入を検討すると、すぐ数千万円~数億円という見積りになる。このような金額では、特に中小の会社では導入困難だ。しかし、shinなら一桁違う金額で導入可能だ。

3.高機能

詳細な情報の分析

Shinのユーザーは、全貌を現す勘定連絡図から、階層を追って次々と詳細な情報を見ることができる。たとえば、ある工程への投入原価について、品目別・勘定科目別等に把握できる。どの切り口で分析するかもユーザーの利用時に選択できる。さらに材料費の内訳、加工費の内訳などについて、最終的には工程の投入伝票1枚1枚にまで遡ることができる。これにより、様々な角度での分析が可能となる。

シミュレーション機能

Shinでは、利益のシュミレーションが可能だ。これは、利益計画策定にあたって欠かせない機能だ。たとえば、来期、円安になった時に輸入材料がいくらになり、その結果利益にどのような影響をあたえるかなどという計算は一瞬でできる。

4.身近に置いて使える

Shinは、タブレットPCで使えるので、社長や管理者が常に身近に置いて使うことができる。会社でも出張先でも分析作業ができるのが強みだ。
このような強みを踏まえて、具体的なShinの使い方を考えてみたい。

まずは社長や経営管理スタッフが、利益管理に使うことだ。当年度の実績や経営計画を踏まえて、利益計画を策定することはShinなら容易だ。来期、ある材料は5%値上がりする、別の材料は3%値下がりする、製造に係る人件費は2%増える、など様々な条件で利益のシュミレーションが可能だ。また、計画の進捗をチェックして、管理者にその都度的確な指示を出せば、より利益を増やすことができるかもしれない。

管理者レベルでは、より詳細な管理活動に利用できる。ある製品群の管理者は、自分の担当する製品群だけ切り出して分析できる。また、ある工程の管理者は自分の工程だけ切り出して分析可能だ。

これは、会社には直接関係ないが、会計監査のときにShinの入ったタブレットPCを一台貸してもらえれば、監査人の監査効率が著しく上がることは間違いない。なにしろ、決算書の数値からどんどん遡って、伝票1枚1枚まで見ることができるのだから。
 
これまでにない、全く新しい発想のShin。デモもやっているので是非目で見て試してほしい。

Shinのすごさ
Shinのすごさ

ページトップへ